10:00 - 18:00
第1・第3・第5火曜日、毎週水曜日
view_list

サイトマップ

2021年09月08日
⑦【不動産の知識】取り扱い

貸主の修繕義務の責任について。

(この記事のブログ№8225)
(2021年1月23日)先日、賃貸戸建にお住いの住むAさんからこんな質問をいただきました。「水回りから床下に水が漏れていて庭まで水浸しになっている室内にまで達している、貸主さんに連絡したところ『業者さんに修理の見積もりをいただいて下さい』と言われた。どなたか、お知り合いの業者様等いらっしゃいましたら、ご紹介いただくことは可能でしょうか?もし、可能であれば、業者様についてご連絡いただけると幸いです。」それは、さぞお困りだと思いご返信差し上げました。

一次側の設備などの部分の修理義務は貸主にあります。

弊社で業者さんをご紹介すること自体は可能ですが、費用負担を含め貸主様が業者を手配するのが筋です。設備・構造などの部分の修理義務は貸主様にありますので、このような場合は、借主様側で業者を手配することは止めた方が良いと思います。再発した場合に施工が悪いから再発したのではないか・・となって、発注者の責任ではないか、借主・貸主どちらが発注したのか、など曖昧になります。また、漏水が他の箇所にも波及していることもあり得ます。借主様が修理に関わると、そうした波及部分にも関与させられてしまいかねません。

管理会社経由で伝える。

この借主様のケースでは「もともとは、A不動産が、この物件の担当かと思うのですが…なかなか連絡が取れないので…連絡先が変わっていたり…という状況で…」とのことでした。管理の委託先がA不動産であればA不動産経由で貸主に対応してもらうという形が望ましいです。A不動産という第三者が介入することにより客観的な記録が残ります。大変かもしれませんが、管理会社のA不動産に何度も電話して状況を伝えて、そして貸主様に貸主様手配で修理してもらうように要望された方が良いと思います。

関連ブログ:管理設備故障に対する管理会社の対応が遅い、どうにかしてほしい。https://coopers.jp/contents/9515

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
物件名・号室・物件番号など
をご入力ください
必須
メール不達の際の連絡手段として電話番号をご記入していただければ幸いです。それ以外は、メールでのお返事が原則です。緊急を要する場合以外、当方からお電話することはありません。
●現在この物件が募集中かどうか知りたい。
●募集中であれば、この物件を内見したい。
●もっと詳しく物件の長所・短所を知りたい。
この記事を書いた人
稲吉 靖彦 イナヨシ ヤスヒコ
稲吉 靖彦
貸したい方、売りたい方、お気軽にご相談ください。私一人で何でもできるわけではありませんが、専門の業者さんをご紹介することも可能です。また借りたい方、買いたい方、ご希望をお聞かせください。 良さそうな物件が出ましたら、随時メールさせていただきます。 ●たまプラーザ在住暦:1990年12月~30年超。 (ちなみに妻は40年超。) ●家族構成: 妻と娘の3人家族 ●好きな食べ物: 枝豆・ビール。好きな寿司ネタは、マグロ赤身です。(小肌、タコ、イカ等が好きです。安上がりです 。) ●好きなこと:ギターを弾くこと。 弦高調整をすること。 ●経歴/ 1984年3月:立教大学経済学部経済学科卒業/ 1984年4月:某船会社入社・主計部・人事部・採算管業務などに携わりました。/ 1989年2月:同社退職 / 1989年2月から1991年2月まで充電のためお休みしてました。/ 1991年2月:某不動産会社勤務/千代田区内のオフィスビル賃貸仲介業に携わりました。/ 1992年10月:同社退職。/ 1992年10某不動産会社入社 事業用ビル(オフィスビル・マンション・店舗・倉庫)の営繕・管理業務および仲介業に携わりました。/ 2003年1月:同社退職。/ 2004年9月:クーパーズ不動産、設立。現在に至る。/ ●資格:宅地建物取引主任者 (1991年取得)
arrow_upward