10:00 - 18:00
第1・第3・第5火曜日、毎週水曜日
view_list

カテゴリ名

フローリングに傷をつけないように・・

(この記事のブログ№6935)

先日、分譲マンションに賃貸で入居されるお客さまからご質問をいただきました。「貸主様が大切にしているお部屋だから、私もお部屋を大切に使わせていただきたい、フローリングも傷をつけないようにしたい。」とのことでした。

傷防止としては、椅子脚カバーや脚の底にフェルトシールを貼るなどの方法が一般的だと思いますが、椅子脚カバーは、なかなかピッタリのも物がなかったり、フェルトシールはシールがズレたりしてしまいます。

そして、椅子脚カバーは、経年劣化で硬質化して割れてしまったり、フェルトシールは暖房で粘着剤が柔らかくなって、床に黒い汚れがついてしまったりしてしまうことがあります。

いつもは傷防止の役目をしていたグッズも、ある日突然割れてしまったり、接着剤が溶けてしまったり、突然そのような事態がお起こるので、いつも通りに椅子を移動したら、傷をつけてしまった、逆に傷防止を気にしていなかった分だけ、深い傷になってしまった・・。

お客様は、そんな経験をお持ちだったようです。

物はいずれ壊れるので、仕方のないことかもしれないですが、自分で作れば、状態の管理に注意が向くのではないかと思います。

ということで、椅子脚カバーを作っててみました。

この方法が良いかどうかはわかりませんが、一例としてご参考にしていただければ幸いです。

 



使い古しのタオルを適当な大きさに切ります。

タオルを二つ折りにします。

さらに三つ折りにします。

椅子の脚にかぶせます。

適当なサイズの結束バンドを用意します。

結束バンドを絞めます。

もう一度ギュっと結束バンドを絞めます。

ビニールテープを巻きます。

結束バンドを押さえつけるように巻きます。

2~3週ビニールテープを巻いて出来上がりです。

この記事を書いた人
稲吉 靖彦 イナヨシ ヤスヒコ
稲吉 靖彦
お寿司屋さんが、 「いいネタが入りましたよ!」ってメールする様に 何か、よさそうな物件が出ましたら、随時メールさせていただきますので お気軽に条件登録してみてください!

「住まい探し」の悩み解消のヒントを相談する!

INQUIRY
必須
必須
メール不達の際の連絡手段として電話番号をご記入していただければ幸いです。それ以外は、メールでのお返事が原則です。緊急を要する場合以外、当方からお電話することはありません。
arrow_upward