10:00 - 18:00
第1・第3・第5火曜日、毎週水曜日

「住まい探し」と「人間力」

近所のお母さんからの依頼

「うちの息子が就職で都内で始めて一人暮らしすることになりました。今週末、現地の不動産屋に行って物件を内見しに行くとのこと。出来たら私も一緒に付いて行きたいのだけど、息子は、一人で大丈夫と言ってきかない。ホント、世間のことに疎い息子なので、心配なんです。色々と息子に事前にアドバイスしてもらいたい、お話を聞かせてほしい。」と近所の知り合いの方から言われました。

息子さん来店。

早速、息子さんがやってきました。開口一番、「どうしたら、家賃を値引きしてもらえますか?内見の際に案内をしてくれる人に交渉をして安く借りたい、就職したばかりなので、給料も安いし、何とか支払いを少なくしたい。」のこと。
気持は、よくわかります・・・。

息子さんの頭の中

恐らく彼の頭の中では、案内をしてくれる人(営業マン)=不動産屋=貸主という図式なのでしょう。イコール「=」とまではいかなくても、「≒(ほぼ同じ)」と思っているみたいです。

案内してくれる人は、仲人

上記のような[案内をしてくれる人(営業マン)=不動産屋=貸主]という図式の不動産取引のケースはごく稀です。そもそも貸主は直接に借主に会いたくないので、不動産屋を通しているのですから。案内してくれる人は、貸主ではありません、借主との仲を取り持つ人です。いわば仲人(なこうど)です。「賃料を安くしてほしい」ということは、「花子さんと結婚したいけど持参金はたくさん用意してほしい、太郎さんと結婚したいけど持参金を少なくしてほしい」ということと同じような意味です。
事情はいろいろあると思いますので、良い悪いではありません。

仲を取りまとめもらう

重要なのは、どうしたら、案内をしてくれる人が、仲を取りまとめてくれるかどうか、ということです。案内をしてくれる人に「この人のためなら、交渉を頑張ってみたい!」と思わせる事が大事なのです。そのためには、正直に自分の収入内容を伝え、お部屋を丁寧に使用する誠意を示すことが大切です。これって、「人間力」ですね!

もちろん、「案内をしてくれる人」が、ちゃんとしていることが前提です、押し売りするような人だったら論外です、まずは不動産屋を選びましょう。

クーパーズ不動産へお問合せメール

【不動産アドバイス/借りる・買う・貸す・売る・ときのアドバイス】

たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
たまプラーザの不動産アドバイス
この記事を書いた人
稲吉 靖彦 イナヨシ ヤスヒコ
稲吉 靖彦
お寿司屋さんが、 「いいネタが入りましたよ!」ってメールする様に 何か、よさそうな物件が出ましたら、随時メールさせていただきますので お気軽に条件登録してみてください!
store

会社概要

クーパーズ不動産

「住まい探し」の悩み解消のヒントを相談する!

INQUIRY
必須
必須
メール不達の際の連絡手段として電話番号をご記入していただければ幸いです。それ以外は、メールでのお返事が原則です。緊急を要する場合以外、当方からお電話することはありません。
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward