10:00 - 18:00
第1・第3・第5火曜日、毎週水曜日

コロナ対策/転入届と区役所混雑

(この記事のブログ№5936)コロナ対策として混雑を避けることは重要です。区役所の転出・転入・転居の届出は春の引越しシーズンは大変混雑します。混雑を避ける方法としまして、①「リアルタイムで混雑をチェック」②「事前に記入事項のチェック」③「事前に区役所までの道のりのチェック」をおすすめします。

①窓口の混雑状況をリアルタイムで確認できます。

②事前に情報、記入事項は把握しておきましょう!

留意すべき主な事項
●本人確認を実施のため、窓口に来た方の確認資料の提示
●転入・転居の届け出期間:引越し後14日以内
※横浜市青葉区役所に伝はしましたら、原則は14日以内ですがコロナの影響がありますから柔軟に対応するとのことです、詳しくはご確認ください。
●転出証明書の要不要
など

届出人確認資料
運転免許証
個人番号カード
住基(写真)
身体障害者手帳
健康保険証
後期高齢者
生受理通知
その他
委任状・確認書
旅券
在留カード等(該当性
年金手帳
介護保険証
住基カード(写真無)

③市が尾駅から青葉区役所までの道のり

google map/道のりのイメージ

①下記の見本をクリック→同じ画面が出てきます 。

②右下の青い「ルート案内」をクリック→自動的に進んでいきます 。

③地図上の人のマークとストリートビューは連動しています。

青葉区区役所周辺の地図

https://coopers.jp/contents/5936
この記事を書いた人
稲吉 靖彦 イナヨシ ヤスヒコ
稲吉 靖彦
●ご 挨 拶 ●代表の稲吉靖彦(イナヨシヤスヒコ)と申します。たまプラーザ駅・あざみ野駅を中心に、 お部屋をご紹介しております。結婚を機にたまプラーザに住んでみました。2004年に地元たまプラーザで開業しました。 かみさんと2人の街の小さな不動産屋ですが、きめ細やかなサービスをこころがけております。●たまプラーザ在住暦:1990年12月~30年超。 (ちなみに妻は40年超。)●家族構成: 妻と娘の3人家族● 好きな食べ物:ラーメン・カレーライス。 枝豆・ビール・モツ煮。(高プリン体のものが好きなので、通風気味です。) ●好きな音楽:フリー/ジャニス・ジョプリン/スライ&ザ・ファミリー・ストーン/ビル・エヴァンス//マーヴィン・ゲイ/チェット・ベイカー ●好きな場所:広いところ。解放感があるところ。風通しの良いところ。高台など。 ●好きな車:ミニ(ミニ・クーパー)/コルベット・スティングレー ●好きな事:DIY・作ること・工夫すること。 ●趣味:ギターを弾くこと。 弦高調整をすること。 ●経歴:1984年3月:立教大学経済学部経済学科卒業/ 1984年4月:某船会社入社・主計部・人事部・採算管理業務などに携わりました。/ 1989年2月:同社退職 / 1989年2月から1991年2月まで充電のためお休みしてました。/ 1991年2月:某不動産会社勤務/千代田区内のオフィスビル賃貸仲介業に携わりました。/ 1992年10月:同社退職。/ 1992年10月:某不動産会社入社 事業用ビル(オフィスビル・マンション・店舗・倉庫)の営繕・管理業務および仲介業に携わりました。/ 2003年1月:同社退職。/ 2004年9月:クーパーズ不動産、設立。現在に至る。/ ●資格:宅地建物取引主任者(1991年取得) ●地域密着型不動産屋●たまプラーザに住んで30年超、妻は40年超、娘は地元で育ちましたので、 地域の口コミ情報や住んでいるからこそわかる情報をお知らせします。地元の友人の職種は、 クロスの職人さん、畳屋さん、医者、車屋さん、設計士さん、ピアノの先生、保母さん、弁護士さん、 など多岐に渡っております。 多くの地元の友人からの情報、近所の方々からの情報等、地域密着ならではの情報収集を心がけています。 この仕事を通して微力ながら不動産業界ひいては地域のお役に立てればとも考えております。 ●弊社の強み●約2万件の物件データがあることです。そのデーターをもとに、 ご相談に対応させていただきます。貸したい方、売りたい方、お気軽にご相談ください。私一人で何でもできるわけではありませんが、 専門の業者さんをご紹介することも可能です。また借りたい方、買いたい方、ご希望をお聞かせください。良さそうな物件が出ましたら、 随時メールさせていただきます。ご連絡は、メールでの発信が基本です。 必要のない限り当方から お客様にお電話することはありませんので、安心してお問い合わせください。
store

会社概要

クーパーズ不動産

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
メール不達の際の連絡手段として電話番号をご記入していただければ幸いです。それ以外は、メールでのお返事が原則です。緊急を要する場合以外、当方からお電話することはありません。
arrow_upward